トップページ > 角突きのミカタ > 角突きをもっと深く見よう > 第1回 牛と人 − 登場人物

角突きのミカタ

角突きをもっと深く見よう − 角突きの次第について

「牛と牛が戦うなんて珍しいな〜。ちょっと見てみようか」という茫然とした思いで角突きを見に来て、帰る、もちろんこうした物見見物も角突きの一つの見方である。しかし、それだけで帰ってしまうには、実に勿体ない。来ていただいた方々に、少しでも土俵上で起こっていることの意味やその裏側について知ってもらい、「角突きをもっと深く見る」ことに力添えしたく、筆を取らせていただいた。

第1回 | 第2回 | 第3回 | 第4回 | 第5回 | 第6回

第1回 牛と人 − 登場人物

牛持ちは文字通り牛の持ち主であり、かつて、牛持ちの多くは重立(おもだち)や旦那(だんな)と呼ばれる集落の富裕層であり、角突牛をもっていることは富や名誉の象徴でもあった。もちろん、現在の牛持ちは決して富裕層と呼ばれるような特別な存在でもなく、牛飼いとは別に一般的な仕事に従事する者である。彼らは牛飼いとは関係の薄い一般的な仕事に従事し、その生活の中で牛の世話に日夜没頭している。そして、かつての牛持ちの多くが壮年層であったのに対し、現在の牛持ちの半数は若年層に占められている(こうした若年層の牛持ちは同時に勢子でもある)。全国的に多くの伝統行事がその後継者不足に喘ぐ中、角突きが若者中心に担われている点はその大きな特徴であろう。また、数代にわたって横綱級の牛を飼ってきた牛持ちは「厩柄(うまやがら)が良い」と形容されることがある。これは、強い角突牛を持つことがある種の社会的象徴であった頃の名残ともいえるかもしれない。

次に、勢子は角突きの際に牛持ちと牛とを応援する役割を担う者である。勢子は慣習的に牛持ちと同集落、または血縁筋の若者達に担われており、この点は今も昔も変わらない。牛持ちと牛の応援だけではなく「綱かけ」、「鼻とり」、「綱ひき」、「綱もち」、「牛曳き」、「鼻綱もち」などもまた角突きに欠かせない勢子の重要な役割である。ご存知のように角突きは全ての取組を「引分」としており、これは勢子達の協力が無ければ不可能である。後述するように、引分の際にはまず「綱かけ」が牛の後足に綱をかけ、そして「綱ひき」が「綱かけ」がかけた綱を引っ張り、牛の動きを止め、その間に「鼻とり」が牛の急所である鼻を素手でつかみ、牛をおとなしくさせる。こうした一連の勢子達の共同作業があって初めて「引分」が可能となっているのである。素手で荒れ狂う牛に対峙するだけあって、勢子は怪我を負うことも少なくない危険な役回りであるが、その勇猛果敢な所作は角突きの花形でもある。

角突きに用いられる牛は「赤牛」と呼称される褐色の肌を持つ「南部牛(日本短角牛)」である。南部牛は伝統的に岩手県南部地方で育成されており、近世以降の二十村郷はこれを移入し、労役用に飼養してきたという歴史をもっている。この点が現在も角突きに反映されており、牛の多くが南部地方生まれの南部牛である。もちろん、現在では南部牛ばかりではなく「黒牛」と呼ばれる「黒毛和種」も散見できるものの、これらの多くもまた南部地方生まれである。依然として南部牛と南部産の牛が多い点は角突きの一つの特徴である。初見者にとっては、どの牛も同じように見えるかもしれないが、顔つき、体つき、角っぷりは個々の牛で大きく異なる。一見しただけで角突牛を峻別できるようになれば、立派な「角突きマニア」であろう。

(文責:渡邉敬逸)
第1回 | 第2回 | 第3回 | 第4回 | 第5回 | 第6回

ページトップへ

Copyright (C) 小千谷闘牛振興協議会 All Rights Reserved.